プロフィール
名前 りな(新人)
ビジュアル抜群!目がパッチリ可愛らしいセラピストです!こんな大きな潤んだ目で見つめられたら、最高!マッサージも上手です
※ネットでご紹介できないセラピストも多数在籍しております。

住所

三重県四日市市東日野町154-2

TEL

090-8070-5566

営業時間

11:00〜ラスト

アクセス

四日市・西日野駅スグ

中国式マッサージ店クローバーのある四日市市西日野は三重県の北部に位置し、西は鈴鹿山系、東は伊勢湾に面した温暖な地域です。駅前には中国料理や台湾料理にマッサージやリラクゼーションもあります。太古より市内各所に古墳が築かれ、なかでも志氏神社古墳は市内唯一の前方後円墳として知られています。西日野駅(にしひのえき)は、三重県四日市市西日野町字東浦にある、四日市あすなろう鉄道八王子線の駅である。 かつては伊勢八王子駅まで路線が延びており途中駅であったが、1974年に並行する天白川の集中豪雨により当駅 - 伊勢八王子間が営業休止となり、そのまま廃線になったことから終着駅となった。 、癒しアロマオイルのやすらぎタイムを。上半身から下半身まで、全身に流れるリンパを深部まで整える独自のリンパドレナージュになります。女性セラピストが経絡のツボを優しく刺激、お客様の身体を優しくいたわり癒します。

オールハンドマッサージにて、老廃物を体外に排出、心身を自然本来の状態に近づくよう施術いたします。しっかりとしたあかすり技術と心を兼ね備えたセラピストが施術しますので、メンズのお客様にはたいへん好評です。落ち着いた施術室で、日頃の緊張やストレスを忘れてください。松阪での男性専門アロマを是非ご体験くださいませ。四日市西日野駅すぐのリラクゼーションマッサージクローバーまで。 オイルマッサージ専門サロン独自のマッサージ

「本当のくつろぎを・・・心からの癒し」オイルマッサージを通じて、精神的緊張や肉体的疲労からの解放、リラックスを実感していただけることを大切に!「リラクゼーションマッサージ クローバー」(四日市西日野)は女性セラピストのそんな思いが形になったサロンになります。長年培った柔らかいハンドテクニック。天然アロマオイルを用いたみなさまの深部まで届く、そのケアは、ビジネスマンの方を中心に喜んでいただいております。 コリやお疲れを取りたい方、冷えの対策、精神的なストレスから離れたい方、さまざまな皆様のご要望にお応えします!女性セラピストならではの 繊細で温もりのある手の平によるアロマオイルマッサージにて、 幸福なひとときをお過ごしください。 全身アロマオイルマッサージの流れ初めに、うつ伏せに横になって頂きます。まず初めに、足裏・ふくらはぎからマッサージを行います。 次に、太もも、ウエスト・腰、背中、肩の流れになります。 太もものリンパの流れを良くすることで脚のむくみも解消。 腰の筋肉は硬くなりがちなので、血液の循環が良好になります。 次に、仰向けになって頂きます。 足や太もも、お腹、デコルテ・首、鎖骨のリンパなどを癒していきます。 ほのかな灯りと、ほんのりとしたポプリの香りが漂う空間。男性のお客様が都会のストレスを忘れられる、ゆったりした癒しのお時間をお過ごしいただけます。 《メンズのみなさまにもエステケアを》 男にもエステが必要とされる時代。オールハンド全身リンパドレナージュによるメンズエステで、ダイエットや新陳代謝回復を図ってみませんか。リンパマッサージはストレスの多いビジネスマンの心のバランスを回復する効果もあります。体内の自律神経のバランスは、仕事や生活のストレス要因等により変化していきます。イライラしたり、やる気がなくなったり・・・。管理社会の中、自然の存在の身体が悲鳴をあげているのかもしれませんね。そんな時、何も考えずにゆったり過ごせる時間と空間が大切です。エッセンシャルオイルを用い、経絡マッサージを組み合わせた四日市西日野のクローバーオリジナルのマッサージ。ハンドマッサージと癒しのフィーリングに包まれながら、心身のリラックスを促します。 文明5年の外宮庁宣案には「四ヶ市庭浦」の地名が記されており、この頃にはすでに定期市「四日市」が成り立っていたともいわれています。江戸時代になると、市場町・湊町の四日市に「宿場町」「陣屋・代官所の町」が加わり、北勢の行政・商業の中心地として知られるようになり、幕末から明治にかけては、菜種油や肥料の生産や取り引きの盛んな町として栄え、四日市港の修築で勢い生糸、紡績を中心として繊維工業へ、さらに、機械工業や化学工業の進出が相次ぎ、日本の近代工業化への歩みを模したかのような形で四日市地域が商工業の都市に進展しました。明治30年に市制を施行し、昭和5年に塩浜、海蔵の両村を合併して以来、昭和32年まで周辺の町村を併合、さらに、平成17年2月7日に楠町と合併し、現在の市域となりました名物は四日市とんてき B級グルメである。豚のステーキの一種。なが餅 1550年(天文19年)以前から東海道沿いの日永の下りの立て場で売られていた和菓子。桑名の安永餅・鈴鹿の立石餅などは江戸時代以降に出来た後発品。水沢のお茶など。